グラスウール・ロックウール

グラスウール・ロックウール(鉱物繊維系断熱材)

断熱性能(熱伝導係数:数値が小さいものほど性能が良い) 0.035~0.04W/mK

一番流通し使用されている断熱材。建築現場で使用されるのは比較的安価に流通しているものが多い。

ガラ ス繊維・鉱物繊維が綿状・ボード状に加工されているため断熱材自体が軽く施工性が良い。

低価格の製品は非常に安い(m2単価で500円程度)

作業中にガラス繊維・ 鉱物繊維が細かく空気中に飛散し、それを吸う事で発ガン性の懸念がある。

放湿性がなく湿気を含むと急激に断熱性能が落ちるため、断熱材を湿気から守る防湿 工事は必須。

防湿層が不完全だとカタログ上の断熱性能は発揮できない(製品の製造方法によるが3割から5割程落ちる)。

断熱材の密度によってはへたってしまい隙間が空いて断熱性能が落ちていることがある。

綿状・ボード状に加工する際ホルム アルデヒドを含む接着剤を使っているものがある(建築基準法の規定で表示あり)。

グラスウールの主原料は建築解体現場から出た廃ガラス、ロックウールは製鉄時に出る鉄鋼スラグを主原料としている。

建物解体時には産業廃棄物として処理する必要がある。