欠陥住宅調査


case01 鉄骨造欠陥住宅

鉄骨構造3階建て 建築士に依頼した注文住宅

(デザイナー住宅雑誌に掲載実績のある建築士)

【欠陥内容】

外壁材を設計図書と異なる材料にて施工した(耐火性能に欠けた材料を外壁に用いた)

断熱材施工不良による結露漏水

内装工事の美観をそこなう仕上

結露の様子

内装の美観を損なう仕上

不良施工を修復する工事見積もりによる損害賠償

和解による補償金をもとにリフォーム工事

 

case02 木造3階建て住宅

中古建売木造3階建ての住宅(築後3年)。
契約直前に欠陥調査依頼を受け、簡単な調査にて一ヶ所構造金物のボルト緩みを見つけました。

依頼主は購入を決めていたため、内装のリフォームに合わせて構造金物のボルトの緩みをできる範囲で改修した。

設計図面を元に構造金物がある個所を調べ、壁に穴を空けて構造金物の状態を調べます。

別の部屋のようす。
構造金物は意外に多く補強に使っています。

構造金物の一例:ホールダウン金物
地震時など大きな力がかかった時に柱と梁とが
外れないようにつないでいる構造金物です。

これは繋いでいる長いボルトが緩んでいました。
取り付けているコーチボルトも増し締め。

別の部分のホールダウン金物
強度が必要な筋交がある個所にはホールダウン金物があります。

この金物にはボルトの緩みはありませんでした。
揺るみは直接触るしか調べようが無いです。

 

case03 リフォーム工事の欠陥

リフォーム工事の欠陥調査

屋根・外壁・一階の床張替え・ユニットバスへの交換などのリフォーム工事

工事の雑な作りに施主が気が付き、よくよく調べたら非常に雑な作り。

外壁の角の部分を開けて見ると。

普通は白い透湿防水シートが張ってあるはずですが、なぜか、木の下地が見えています。

透湿防水シートを丁寧に張っていません。
他の剥がしたところも同じです。全部下手な張り方。

出窓のような物入れをとり壊して普通の外壁に直したところです。

間柱の次に透湿防水シートが来るはずですが、横に細い材(胴縁)が取り付いています。

雨漏りの恐れを考えず、適当に作った感じ。
透湿防水シートの貼り重ねがマニュアル通りでない。

15cm以上必要なのに、たった6cm程度しか重なっていません。

 

欠陥住宅調査業務

業務の流れ

1)相談:現地を伺い状況を拝見し相談内容を聴きます
相談費用1時間あたり5000円に交通費実費有料の相談になります。
現地を見て相談まで2時間から3時間程度掛かります。

2)調査説明・見積もり提示・契約
調査内容の説明と見積もりをご提案します。
内容に合意をした後契約となります

3)欠陥調査
現地にて調査を行ないます。

4)欠陥状況の報告
欠陥状況を報告し、
修繕工事の提案をいたします。

※修繕工事のご予算は最初の相談にて伺います。
 どの程度の予算を見込んでいるかお話願いします。

軽微な欠陥であれば相談の時点で簡易な調査が終わり、
概算の修復工事費用をご提案できます。

■欠陥工事に関する鑑定書作成:作成いたしますご相談下さい。
■修繕工事の監理:ご相談いただければ監理対応いたします。

 

業務費用

相談・打ち合わせ及び調査は1時間あたり5000円にて設定しています。
業務に掛かった費用と経費をお支払い頂きます。

図面作成が必要な場合は作成費を見積もりします。

打ち合わせを行い見積を作成します。
見積に合意した後契約となります。

 

《支払い方法》

業務契約時には着手金として業務費用の30%程度を頂きます。
業務完了時に残金支払いとなります。
軽微な調査など少額の業務は都度精算となります。

 

問い合わせ お問い合わせフォーム またはお電話にてご連絡下さい。