代表プロフィール

寺澤 秀忠の自己紹介

代表写真
【寺澤 秀忠】

Hidetada Terasawa

1969年10月24日生まれ、東京都板橋区出身。
一級建築士 大臣登録 第273566号
社団法人 日本建築学会 正会員
社団法人 東京建築学会 正会員
特定非営利活動法人 伝統構法の会 役員

すまいと 登録建築家
One’s Lifeホーム 登録建築家

「設計をして図面を書くには作る現場を知っておこう」と思い、
まず工事現場監督を勤めて職人に多くのことを教わりました。
その後、設計事務所に勤めて、木造住宅から鉄骨造のビル、
鉄筋コンクリートのマンションと多くの設計を経験しました。

安心して快適に住める住宅の設計
そして、職人の技術を生かす設計を実践する為に
1997年から独立し事務所を営んでおります。
これからも出会いを大切に一つ一つの仕事を丁寧に対応して、
建てて喜ばれる家づくりのお手伝いをしてまいります。

 

■経歴
学歴 板橋区立常盤台小学校卒業
板橋区立上板橋第一中学校卒業
東京都立豊島高校卒業
中央工学校建築設計科卒業
職歴 建設会社工事部 勤務
設計事務所 勤務
1997年 設計事務所 設立
趣味 旅をすること・町並みを歩くこと・料理を作る・音楽を聴く・写真を撮る・工作(家具・小物)・読書・地域ボランティア
好きなもの 純米酒、シングルモルト、ジン、深蒸し煎茶、和菓子
嫌いなもの 化学調味料・ファーストフード・身勝手な人・了見の狭い人
受賞歴 第5回「真の日本のすまい」林野庁長官賞受賞(JPG)
2008 埼玉の木の家・設計コンペ 優秀賞受賞(PDF)

 

■ホロスコープによる分析

洞察力が鋭く、人の心を読むタイプ
会話の裏に隠されている人の欲望や、
事実の裏に蠢いている人の思惑などを敏感に察知する
ひとつの事にのめりこむタイプ
一途ゆえに、ちょっと不器用な一面がある
一つの目的を必ず達成する根性が備わっている
感情を表に出すのが苦手
土壇場のチャンスに強い

 

 

■仕事の方向性を探る上で影響を受けたもの
タイトル 著者 出版社
不揃いの木を組む 小川三夫 草思社
宮大工千年の知恵 松浦昭次 祥伝社
京の大工棟梁と七人の職人衆 笠井一子 草思社
吉村順三・住宅作法 吉村順三、中村好文 世界文化社
建築・NOTE 人間のための住宅ディテール 宮脇檀 丸善
宮脇檀の住宅設計ノウハウ 宮脇檀建築研究室 丸善
住まいのプロ7人と語る 宮脇檀 住宅新報社
男と女の家 宮脇檀 新潮社

 

■建築を志して

建築設計に進むのは高校3年の時にじっくり考えて決めていました。

 祖父の代から「家相」鑑定をしていたので間取りを作るのは子供の頃から親からの手習いで書けるようになっていました。不動産広告の間取りを参考にしたり。間取りを書くことが遊びで過ごすのも多かったです。

 また、家の建て替えの時、基礎工事や上棟以降の大工工事などを見てとても興味を持ちました。職人さんも休憩の時に子供相手に教えてくれました。

小さい頃からイメージを絵に描いたり、工作するのが好きでした。プラモデル作ったり、思いついたクルマや飛行機などイメージしてスケッチを描いてそれを形にしていくことが得意でした。車や飛行機を作る会社に進む夢も持っていました。

 高校3年の時にクルマや飛行機の分野に進むか建築の分野に進むかじっくり考えました。学生向けのアイディアコンペに応募したり。いろいろな方に相談したり。

しっかりと考えた結果、間取りは慣れていましたし、「家相」の知識も生かせるので建築にしました。家の事情もあり早く社会にでたかったので専門学校に進学しました。

設計をするからには良いものを作りたいという思いが強く、独立して設計事務所を営む事を目標として勉強をしました。

会社はやっぱり会社の仕事をするしかない限界があります。

この考えは高校生くらいの時からあって、サラリーマンで定年退職することは考えていなかったんです。独立してやるイメージしかなかったので会社に勤めていた時は修行感覚で勤めていました。就職のときから長くはいませんのでと言ったくらいです。

そして、就職してそれを実感しました。

設計をやるから作ることを知っておこうと工事現場の監督を最初に勤めました。

 工事現場で職人さんから色々教わりました。まだまだ職人気質が強く残っている時代で拘りの職人から伝統構法など「本物の仕事」を幾つも教わりました。

 その多くはその後勤めた設計事務所では学べなかったものでした。設計は机上の仕事で建築は現場で作る仕事。現場での「本物の仕事」を知ってしまうと机上だけの仕事は本物が持つ醍醐味が足りない。

その醍醐味を自分で物にしたくて起業する踏ん切りが付きました。

伝統構法を得意とする設計事務所は当時限りなく少なく、独立して独学で身につけることが一番経験をつめる手段でした。

仕事は予算と要望のバランスとるのが難しいですね。だから私は、どういう風に合理的に予算内につくれるかが勝負だと思っています。そのノウハウは現場監督の経験が生きています。

これからも施主の貴重な予算を良い建築に生かす設計を心がけます。