断熱材について

個人的に集められる資料を基に、断熱材についてまとめてみました。
一口に断熱材といっても様々な種類があり、断熱材に何を選ぶかは、断熱性能だけでなく
それぞれの特徴を踏まえた上で比較検討する必要があります。

 

■断熱材とは

断熱材は「熱」を「断つ」材料と書きますが、
実際にはそれほど高い性能はありません。
時間が経てば室外の熱が室内に伝わっていきます。
なので、暑い時期や寒い時期は冷暖房が必要になります。
熱容量の高い断熱材は温度変化が穏やかで室内の影響が小さいです。

 

■断熱材は性能重視

断熱材を選ぶには性能の高い断熱材を選ぶことが、
日々の光熱費を抑える家計に優しい家づくりになります。
性能が高い断熱材は工事費が掛かるのでコスト管理も大事。
 予算があればセルロースファイバー吹込みをお薦めします。
コストに合わせて羊毛断熱を提案することもあります。
ポリエステル繊維断熱材もコスト抑えるとき提案します。

 

■断熱材は工事が重要

断熱材は隙間なく綺麗に工事しないと断熱性能を発揮しません。
多くの工事会社は断熱工事に不安があります。
断熱工事は大工ではなく専門の業者が工事するのが最善です。
専門業者でセルロースファイバー吹込みが性能に安心があります。
大工さんが工事する場合は工事ミスが置きにくい断熱材を使いましょう。
グラスウールなら密度の高いものを提案しています。
ポリエステル繊維断熱材も施工ミスが起きにくいので提案します。