断熱材について

個人的に集められる資料を基に、断熱材についてまとめてみました。
一口に断熱材といっても様々な種類があり、断熱材に何を選ぶかは、断熱性能だけでなく
それぞれの特徴を踏まえた上で比較検討する必要があります。

■断熱材とは

断熱材は「熱」を「断つ」材料と書きますが、
実際にはそれほど高い性能はありません。
時間が経てば室外の熱が室内に伝わっていきます。
なので、暑い時期や寒い時期は冷暖房が必要になります。
熱容量の高い断熱材は温度変化が穏やかで室内の影響が小さいです。

■断熱材は性能重視

断熱材を選ぶには性能の高い断熱材を選ぶことが、
日々の光熱費を抑える家計に優しい家づくりになります。
性能が高い断熱材は工事費が掛かるのでコスト管理も大事。
予算があればセルロースファイバー吹込みをお薦めします。
コストに合わせて羊毛断熱を提案することもあります。
ポリエステル繊維断熱材もコスト抑えるとき提案します。

断熱性能の数字だけ見るとウレタンフォームなどのほうが
セルローズファイバーよりいい成績です。
しかし、セルローズファイバーには高い熱容量があるので
断熱性能の数字以上に保温して住まいを快適にする機能があります。
これは羊毛とセルローズファイバーや木質系断熱材がもつ機能です。
数字以上に快適で温度変化が穏やか熱を蓄える能力があるのは重要です。
これがセルローズファイバーを進める大事な理由です。

■断熱材は工事が重要

断熱材は隙間なく綺麗に工事しないと断熱性能を発揮しません。
多くの工事会社は断熱工事に不安があります。
断熱工事は大工ではなく専門の業者が工事するのが最善です。
専門業者でセルロースファイバー吹込みが性能に安心があります。
大工さんが工事する場合は工事ミスが置きにくい断熱材を使いましょう。
グラスウールなら密度の高いものを提案しています。
ポリエステル繊維断熱材も施工ミスが起きにくいので提案します。

■火災での危険性

火災の危険はテレビなどでご存知のこと思います。燃えない断熱材で安全にしたいです。
ウレタンフォームなど燃えにくい処理をしていても炎で長時間あぶれば燃えます。
火災は燃えて初期消火失敗すると燃え尽きるまで燃え続けます。
家は家具や衣類など可燃物が沢山あるので20~30分燃え続けるものです。
火災危険性を考えるとウレタンフォームなどは使いたくないです。
予算がないときポリエステル繊維断熱材を使いますが
やはり火災危険性は気になりつつ採用しています。
燃えないグラスウールは別の理由で使いたくないですが燃えない長所はあります。

セルローズファイバーはホウ酸処理で火災時は添加されているホウ酸の水蒸気反応で
着火がしにくくまず燃えません。また燃えても表面が焦げて炭化して中身は燃え残ります。
一軒全焼しても屋根も壁も燃え抜けないで煙の痕跡なければ燃えたと思えない状態に
なります。火災でも逃げられるので安心してセルローズファイバーをお勧めします。

■壁内結露対策

壁内結露は室内の水蒸気が壁の中に移動して外気と室内温度差から壁の中で
水になってしまい結露してカビや材木腐りの原因となります。
グラスウールとロックウールはボード加工で使う接着剤が吸湿性高く壁内結露
での要因になっています。防ぐには気密シートの確実な工事が重要です。
ウレタンフォームは施工不良があるとそこで結露置きますが最近の施工方法なら
まず問題は起きないと思います。壁内結露では長所があります。
私が提案するセルローズファイバーは素材自体が水蒸気の透湿・放湿性能が非常
に高く熱容量から外気との温度変化も穏やかなため壁内結露がまずおきません。
セルローズファイバーが壁内結露するほどの水蒸気がと室内がサウナのような
状態になってしまうでしょう。普通の生活では考えられません。
15年ほど前にセルローズファイバーでやった建物は気密シートも透湿シート
で工事していていまだに何も問題起きていません。
今はでセルローズファイバーに湿度を動かすと冬の過乾燥対策が大変なので
室内の湿度保護の為、気密シートは防湿シートで工事します。
羊毛や木質系断熱材もセルローズファイバーと同様に壁内結露には対策できる良い断熱材です。