新型コロナウイルス感染はエアロゾル(空気中のウイルス)

感染研がエアロゾル感染認める 飛沫、接触の報告書から一転
  

国立感染症研究所は3月28日のWEB更新で新型コロナウイルスの感染状況の分析にエアロゾルによる感染を認める記載をしました。
新型コロナウイルス感染症の直近の感染状況等(2022年3月30日現在)

今までは飛沫感染や接触感染だけを公式見解として欧米の研究から指摘されていたエアロゾルは恐れがないとしていましたが、
やっと世界の感染対策の認識と同じ理解になったようです。なんでこんなに時間かかったんでしょうね。

今後も新型コロナウイルスの変異株は出現するでしょうから悪化を防ぐためのワクチン対策は重要でしょうし、
感染しにくい社会にするには建物の換気設備を高性能にして室内空気が清潔で維持できるのが大事です。

建物の安全性を高めるため換気量が多い高性能の熱交換換気扇を提案していきます。
換気の改善を検討されていましたらご相談ください。