新型コロナウイルス対策 住宅の換気

新型コロナウイルス対策で住宅の換気が変わる記事を書きましたが。
何がどう変わるかもう少し書いてみます。

今までは各部屋に新鮮な空気を言取り入れる給気口をつけていました。
そこからは言った新鮮な空気は部屋から廊下を抜けてトイレや浴室などの
換気扇を使って外に出していました。

一時間に部屋の半分の空気が入れ替わるようにカタログで製品を選んで設置しています。

これからは自宅療養中の部屋の換気を廊下に出すと他に感染を広げる恐れがあるので、
療養中は換気を部屋からすぐ外に出すように各部屋に換気扇を設置します。

療養中は新鮮な空気でしっかり換気したいので、一時間当たりの部屋の空気を
入れ替える量も増やします。カタログでそういう機種を選んで設置します。

入れ替える空気の量が増えたので暑い時期寒い時期は冷暖房の工夫が必要です。
寒さがいびしい地域は換気の空気温度の交換をする熱交換換気扇を使うことになります。

ほどほどの寒さの地域でも住み心地重視なら熱交換換気扇を使うのがいいでしょう。

そして、換気がきちんとできて快適な室内になるように、
高断熱高気密で作ることが大事になります。