ホーム > 老後の住まい

老後の住まい

老後の住まい

老後の住まい

今まで住んでいた住まいが使いにくくなり、

リフォームや建替えを検討の方も多いと思います。

基本的なヒントを随時更新で書いていきます。

 

バリアフリーのこつ

バリアフリーはやり過ぎないのが良いです。

自立した生活をしながら困らない程度の補助にしましょう。

年齢を重ねたら、手摺の追加が出来るようにするのがコツ。

元気な体力に合わせて考えましょう。

 

生活は運動リハビリ

バリアフリーをやりすぎると外出するのに不安が芽生えます。

町の中はまだまだ段差も多く歩くには体力が必要です。

外出が不安にならないように、家の中も自立できる作りにしましょう。

生活が運動リハビリになるように間取りを考えます。

ほどほどの室内歩行距離に間取りを考えます。

万が一、車椅子になったとき困らないよう余裕を作るのがコツです。

 

介護と健康の中間

年を重ね、介護や寝たきりの不安があると思います。

自立の間取りにすると、いざ介護のとき生活できるか不安です。

しかし、介護の間取りでは病人扱いを感じて気がめいってしまいます。

老後の住まいは介護と健康な時の中間を意識してつくります。

生きる時の自尊心や生きがいを削がないようにするのが大事です。

 

減築リフォーム

減築は増築の逆で住まいを減らすリフォームです。

2階があって1階の日当たりが悪い。

古い家で地震に不安。

そんな住まいの問題を減らして改善するリフォームです。

子供部屋など空いている場合に有効です。

二階を削ることで家の耐震性が上がります。

減築で構造の負担が減るため安全性が上がります。

削ることで1階の日当たりが良くなります。

吹き抜けを作って、日差しを取り込むことも出来ます。

平屋 バリアフリーの家 34坪

夫婦で住む農村の住まい

車椅子での生活も想定したバリアフリーの住まい

キッチン・水周り・寝室の動線をコンパクトに動きやすく

広い土間・納戸があり、農作業資材や蓄えを置く場所を確保

客間の和室・リビングをつくり地域と繋がりのある生活の場になる

hiraya nouka.JPG

平屋バリヤフリーの家(5)

kaigo05.jpg

たてに長方形として玄関が南側としています。

リビングと寝室は風の通り良いよう工夫をしています。

キッチンに洗面・浴室と合理的に纏めて

動線無駄なく使いやすくしています。

3.5帖の納戸つくって収納を確保しています。

平屋バリヤフリーの家(4)

kaigo04.jpg

建物をたてに長方形としました。

リビングと寝室の間取りを工夫して風の通りを良くしています。

寝室そばにトイレをつくり使いやすくしています。

洗面にユニットバスは家事動線を短くする配慮をしています。

寝室の納戸と玄関納戸を作る収納に配慮しています。

平屋バリヤフリーの家(3)

kaigo03.jpg

1LDKの間取り、南側に玄関がある間取り、

リビング・主寝室・水周りを介護生活しやすいように計画しています。

リビングと寝室の扉を開放させると風通しが良く

寝室からも眺めが良い間取りとなっています。

平屋バリヤフリーの家(2)

kaigo02.jpg

1LDKの間取り、リビングは南北の通風を優先しています。

洗面は洗濯動線を動きやすく南側にしています。

介護用トイレ、3帖の納戸をつくって収納確保しています。

平屋バリヤフリーの家(1)

kaigo01a.jpg

1LDKのシンプルな間取り


南面にリビングと寝室を開放的に計画、

L型の使いやすいキッチン、広い介護用トイレ、

ユニットバスに洗面、

3帖の納戸をつくって収納確保しています。


老夫婦の終の棲家としてるので

コンパクトに割り切った間取りです。