ホーム > 断熱材について

断熱材について

断熱材について

個人的に集められる資料を基に、

断熱材についてまとめてみました。

一口に断熱材といっても様々な種類があり、

断熱材に何を選ぶかは、断熱性能だけでなく

それぞれの特徴を踏まえた上で比較検討する必要があります。

■断熱材とは

断熱材は「熱」を「断つ」材料と書きますが、

実際にはそれほど高い性能はありません。

時間が経てば室外の熱が室内に伝わっていきます。

なので、暑い時期や寒い時期は冷暖房が必要になります。

熱容量の高い断熱材は温度変化が穏やかで室内の影響が小さいです。

■断熱材は性能重視

断熱材を選ぶには性能の高い断熱材を選ぶことが、

日々の光熱費を抑える家計に優しい家づくりになります。

性能が高い断熱材は工事費が掛かるのでコスト管理も大事。

 予算があればセルロースファイバー吹込みをお薦めします。

コストに合わせて羊毛断熱を提案することもあります。

ポリエステル繊維断熱材もコスト抑えるとき提案します。

■断熱材は工事が重要

断熱材は隙間なく綺麗に工事しないと断熱性能を発揮しません。

多くの工事会社は断熱工事に不安があります。

断熱工事は大工ではなく専門の業者が工事するのが最善です。

専門業者でセルロースファイバー吹込みが性能に安心があります。

大工さんが工事する場合は工事ミスが置きにくい断熱材を使いましょう。

グラスウールなら密度の高いものを提案しています。

ポリエステル繊維断熱材も施工ミスが起きにくいので提案します。

フラックス繊維マット

フラックス繊維マット(木質繊維系断熱材)

断熱性能(熱伝導係数:数値が小さいものほど性能が良い) 0.037W/mK

亜麻繊維(麻の一種)の繊維を接着剤・防蟻材・難燃剤を加えてボード状に加工成型したもの。

ボード状の形状なので耐力面材の在来工法、2X4工法、外断熱に適合する断熱材。

断熱材を加工しても繊維が細かく飛散しない。

保湿性があり湿気を吸っても断熱性能は落ちにくい。

壁内結露を抑える保湿性がある。

接着剤には澱粉質の自然素材を使っており、この澱粉質特性で難燃性能がある。

建物解体時には焼却または土中埋め立てで 処理できる。

軽量軟質木質繊維ボード

軽量軟質木質繊維ボード(木質繊維系断熱材)

断熱性能(熱伝導係数:数値が小さいものほど性能が良い) 0.045W/mK

チップ材・材木製材時の廃材・間伐材などを細かく繊維状に砕いたものに

接着剤・防蟻材・難燃剤を加えてボード状に加工成 型したもの。

ボード状の形状なので耐力面材の在来工法、2X4工法、外断熱に適合する断熱材。

断熱材を加工しても繊維が細かく飛散しない(木屑のようなものが散る)。

保湿性 があり湿気を吸っても断熱性能は落ちにくい。

接着剤には澱粉質の自然素材を使っており、この澱粉質特性で難燃性能がある。

建物解体時には焼却または土中埋め立てで処理できる。

セルロースウール

セルロースウール木質繊維系断熱材

断熱性能(熱伝導係数:数値が小さいものほど性能が良い) 0.030W/mK

木材、主に北欧パイン材の繊維質(セルロース)を原料とした断熱材。

セルロース繊維をマット状に成型 加工したもの。

軽くマット状なので工法を選ばず施工しやすい。

保湿性があり湿気を吸っても断熱性能は落ちにくい。

壁内結露を抑える保湿性がある。防虫防カビ処理を施している。

建物解体時には焼却または土中埋め立てで処理できる。

セルローズファイバー

セルローズファイバー(木質繊維系断熱材

断熱性能(熱伝導係数:数値が小さいものほど性能が良い) 0.045W/mK

パルプチップ・新聞古紙など木質繊維を原料に難燃剤・防蟻材・防カビ材としてホウ酸等を混入して綿状にしたも の。

専用の機械を使い壁天井内に材料を吹き込むか吹き付ける。

北海道などの寒冷地方では1990年代か ら施工実績がある。

綿状の物を吹き込み・吹き付けで施工するため工法を問わず施工がし易い。

保湿性があり湿気を吸っても断熱性能が落ちにくい。

熱容量が高く保温性能がある。

材料が新聞古紙の場合インクに含まれる有機化合物が空気中に放出される危惧がある。

吹き付け・吹き込み工法と も施工後に断熱材の自重で沈降して隙間が出来る危惧があるが、

断熱材の沈降に対策している製品もある。

建物解体時には焼却または土中埋め立てで処理できる。

羊毛断熱材

羊毛断熱材(動物繊維系断熱材

断熱性能(熱伝導係数:数値が小さいものほど性能が良い) 0.045W/mK

羊毛を原料とした断熱材。ロール状またはマット状に成型加工したもの。

軽く施工性が良く工法を選ばず採用できる。

保湿性 があり湿気を吸っても断熱性能は落ちにくい。

壁内結露を抑える保湿性がある。

ホウ酸による防虫防カビ処理を施している。

耐熱性が高く着火温度が高温。

熱容量が高く保温性能がある。

建物解体時には焼却または土中埋め立てで処理できる。

ポリエステル繊維断熱材

ポリエステル繊維断熱材(樹脂繊維系断熱材)

断熱性能(熱伝導係数:数値が小さいものほど性能が良い) 0.035W/mK

ポリエステル樹脂を繊維状に加工し、それをボード状の断熱材に成型加工したもの。軽くボードをカッターで切断できるため 加工しやすい。ボード状の形状なので耐力面材の在来工法、2X4工法、外断熱に適合する断熱材。断熱材を加工しても繊維が細かく飛散しない。湿気を吸っても通気性放湿性が高 く断熱材内に湿気が残りにくい(断熱性能が落ちない)。火災時に燃焼するとCO・CO2を放出する恐れがある。建物解体時に分別出来れば断熱材を再利用で きる。

硬質ウレタンフォーム

硬質ウレタンフォーム(発泡樹脂系断熱材)

断熱性能(熱伝導係数:数値が小さいものほど性能が良い) 0.023~0.026W/mK

ポリイソシアネート・ポリオールに発泡材・難燃剤を加え板状に加工成型したもの。

もしくは建築現場にて建物に直接断熱材 を吹き付け作業する。防水性能がある。

ボード状に加工されており、軽量で運びやすい。水蒸気吸わないので断熱性能が落ちにくい。

吹き付け作業で施工すると 均一な断熱層が得られる(施工不良がおきにくい)。

断熱材に透湿放湿性能はない。合成樹脂・発泡材・難燃材などが空気中へ拡散する懸念がある。

燃焼時に青 酸ガスを発生する危険がある(青酸ガスが出ないように対策した製品もある)。

建物解体時には産業廃棄物として処理する必要がある。

ビーズ法フォームポリスチレン

ビーズ法フォームポリスチレン(発泡樹脂系断熱材)

断熱性能(熱伝導係数:数値が小さいものほど性能が良い) 0.034~0.043W/mK

ポリスチレン樹脂(液体)に発泡剤・難燃剤を加えてビーズ状にしたポリスチレン樹脂を蒸気過熱し発泡成型加工したもの。

発泡時にフロンを使っているものや、防蟻材としてホウ酸を混入してるものがある。

防水性能がある。ボード状に加工されており、軽量で運びやすい。

水蒸気吸 わないので断熱性能が落ちにくい。

廃材などは蒸気加熱することでリサイクルできる。

木造軸組工法の場合施工個所に合わせて細かい加工が必要となり、

施工性 を考えると外断熱工法や2X4工法向きの断熱材料。

断熱材に透湿放湿性能はない。

ポリスチレン樹脂・発泡材・難燃材などが空気中へ拡散する懸念がある。

火 災時に燃焼するとスチロールガスが放出される。

建物解体時には産業廃棄物として処理する必要がある。

押し出し発泡ポリスチレン

押し出し発泡ポリスチレン(発泡樹脂系断熱材)

断熱性能(熱伝導係数:数値が小さいものほど性能が良い) 0.028~0.046W/mK

ポリスチレン樹脂(液体)と発泡剤を製造機に入れ加圧し型の中を押し出しながら発泡させて製品を作る。

防水性能がある。 ボード状に加工されており、軽量で運びやすい。

水蒸気吸わないので断熱性能は落ちにくい。

木造軸組工法の場合施工個所に合わせて細かい加工が必要となり、

施工性を考えると外断熱工法や2X4工法向きの断熱材料。断熱材に透湿放湿性能はない。

ポリスチレン樹脂・発泡材・難燃材などが空気中へ拡散する懸念があ る。

火災時に燃焼するとスチロールガスが放出される。

建物解体時には産業廃棄物として処理する必要がある。

グラスウール・ロックウール

グラスウール・ロックウール(鉱物繊維系断熱材)

断熱性能(熱伝導係数:数値が小さいものほど性能が良い) 0.035~0.04W/mK

一番流通し使用されている断熱材。建築現場で使用されるのは比較的安価に流通しているものが多い。

ガラ ス繊維・鉱物繊維が綿状・ボード状に加工されているため断熱材自体が軽く施工性が良い。

低価格の製品は非常に安い(m2単価で500円程度)

作業中にガラス繊維・ 鉱物繊維が細かく空気中に飛散し、それを吸う事で発ガン性の懸念がある。

放湿性がなく湿気を含むと急激に断熱性能が落ちるため、断熱材を湿気から守る防湿 工事は必須。

防湿層が不完全だとカタログ上の断熱性能は発揮できない(製品の製造方法によるが3割から5割程落ちる)。

断熱材の密度によってはへたってしまい隙間が空いて断熱性能が落ちていることがある。

綿状・ボード状に加工する際ホルム アルデヒドを含む接着剤を使っているものがある(建築基準法の規定で表示あり)。

グラスウールの主原料は建築解体現場から出た廃ガラス、ロックウールは製鉄時に出る鉄鋼スラグを主原料としている。

建物解体時には産業廃棄物として処理する必要がある。